女優の卵が鬼監督と

「鬼監督と俺の彼女」のあらすじ解説。高校生で劇団に所属しており、将来は俳優を目指している健一。そして同じ劇団に所属する亜沙子と交際していたのだ。

交際を開始してから半年が経ったのだが、未だにキスすらしていないと言う程の純情な交際なのであった。また、亜沙子はあがり症だと言う事も多少影響しているのであった。

そんなある日、2人は同じ映画に出演しようとオーディションを受けに行く事にしたのである。この作品の監督は映画界でも有名な地頭園という男だったのだ。

2人はオーディションを終えて、互いに合格してから撮影が終了してから初めてのエッチをしようと誓いあっていたのだった。だがそれもアッサリと打ち砕かれていく!!

書類選考で亜沙子に目を付けた地頭園は、実演の時に犬の真似をさせていき、徐々に体を汚され始めていく事に。すべては地頭園が健一の為だと亜沙子に仕組んだ罠なのであった・・・。

この作品を読んでいながら感じた事は、芸能界でも表に出ないだけで、「鬼監督と俺の彼女」のようなこんな話は数多く存在するような気がしました。

映画のオーディションで出演者を決めるのは監督ですから、当然の如く好みで選ぶ事も出来るわけですね。そこで地頭園は亜沙子に目を付けたわけです!

地頭園はこれまでに数多くの女優たちと肉体関係を持ってきているようで、今回のターゲットは処女の女子高生の亜沙子に決定しちゃうんですね。

健一と付き合っている事に気付いた地頭園は、健一をネタにして亜沙子に色々と吹き込んでいきながら徐々に性奴隷にし始めていく事になります。

芸能界でよくありそうな「寝取り」を存分に楽しめる作品になっています。そして亜沙子が調教されて快楽に堕ちていく姿も面白いですよ♪
引越し 見積り 宮城県